主婦 職歴なし 就職

は、ほんとに難しいのでしょうか。

まさに、私これだなぁと。

日本は、女性活躍といいながら、こういうの難しいですよね。。。

なんで、こんなに多様化が認められないのでしょうか。

子も産んで、育てて、、、

子育てが落ち着いたタイミングで就職しようとしたら、職歴がないことと年齢で採用されない。。。

両立は、難しいですね。

やはり、就職して結婚・出産。(結婚・出産はご縁によりますが)

大多数のみなさんと同じような人生設計をしたらよかったのかな。

社会人経験のない(←主婦歴が社会人経験と認めてくれー)

人材を採用してくれる企業がたくさん出てきたら、今より女性の選択肢が広がるのかな。

母である時間

私は、母である時間(主に子供が日中活動している時間)のプレッシャーに押しつぶされてしまいそうになる時があります。

もちろん、子供は授かりものであるからそれだけで幸せなことだという事は重々承知しています。

が、本当に育児中は(特に乳児)辛いこと、苦しいこと、我慢しなきゃならないことばかりで忍耐力が必要な時だなって思います。

なんせ、思い通りにならない

毎日ハプニングの連続で。。。

こないだは、第1子の健康診断に行こうと家をでたら、第3子がつまづいてこけて額を切り血まみれに。。。

救急病院へ行くことになり、結局、健康診断はドタキャン。。。

顔面血まみれで泣いてる子を心配しながら、はぁ、、、とため息がでました。

母である時間って気をぬく所がなくて疲れることが多い。。。

でも、世の中のお母さんはそういう苦労を何年もして子供を育ててるんですよね。私も、子供が生まれて育ててみて、はじめて母の苦労がわかりました。

母、ありがとう😊

母である時間、大変だけど、人生の修行だと思って乗り切っていきたいな。

引っ越し

2019年度現在、私は結婚してから5か所目の場所に住んでます。はじめは、関西、次は関東、また関西、思いがけず東南アジア、現在関東に至ります。地元は、地方なので、結婚してからというもの親も友人も親戚とも離れて暮らしています。引っ越しするということは、私にとっては、大げさかもしれませんが、人生のリセットです。生活環境、交友関係すべてが1から始まる引っ越しは結構精神的にこたえます。確かに色々な地域に住むことで今までになかった見識も増えるし、人生が豊かになるような気もしますが、最近定住することにあこがれてます。

なぜ専業主婦か

大学3年の春、就活活動を始めるにあたって就職先が決まっていた夫に今後について相談したところ、夫にLIFEとWORKの分業(つまり私が専業主婦で夫が働く)の提案を受けた。それは、転勤族になる夫ともし交際を続けてその先に結婚という形を見据えるなら、就職をしても近い将来夫の転勤によって離職をしなければならないことも踏まえての考えからだった。

私は、結婚して専業主婦になることに決めた。当時子供を授かったわけでもなく、在学中(とはいいつつ4年生の12月)に結婚するという決断は、私にとっても周囲にとっても、不安でしかない決断であった。親には、せっかく4年制の大学に行ったのにと愚痴をいわれた。就職せず結婚するということは、後々社会復帰を考えるときに不利になる。なんせ社会人経験が0なのだから。でも、当時私は、漠然と女性は、どんな職業についても結婚、妊娠、出産という女性のライフイベントを考えるとどうせその時にキャリアを中断されると思っていたので、だったら最初から専業主婦でもいいのかなと思ったのだった。