キッチン問題

我が家は、社宅住まいで、キッチンも、コンロを買っておいて使ってます。間取りは3ldkですが、やはり、5人家族には狭い。。。

年の差がある3人の子供がいて、子供部屋も使い方が難しく。

中学受験をしようとしている第一子もいるため、ほんとに狭い我が家にとって住む場所は死活問題です。

が、転勤族だし、地元が東京ではない夫婦。ため息しかでません。

東京で家を買うのは資金的にもハードルが高いので、狭いキッチンでも、社宅があるだけ恵まれてるのかなと思ってます。

が、毎日家族5人分の食器の片付けはほんとに時間をとられるし、狭くて片付ける場所がないし、もう憂鬱以外のなにものでもないです。

先日、食器置きの中から皿をとろうとしたら、食器と食器がぶつかり、パリンとかけてしまい。。。

お気に入りのお皿だったのに。

日本では、、少子化が問題にされるけれど、日本の住宅事情だったらほんとに子供2人が家計的にもお母さんの心の余裕にもよかったりするのかなと思います。

海外みたいに、人間が窮屈と思わないくらいの広さの住宅で子育てできたら、子供も親もハッピーだと思う。

地方にいけば、広い住宅も夢じゃないが、仕事の種類が限られるし、都会にいたら、仕事の種類は広がり、地方より所得増が期待できるけど、その分物価は高いから、狭い住宅にしかすめないし。

日本には、空き住宅がたくさんあるのに、うまくそれがあまり活用できてないのはなんでなんだろう。

若い世代の所得が高くない世帯に空き家を有効に活用して、子育てする環境を整えてほしい。

子育てする環境がととのっていて、家事をする負担も少なくなったら、その空いた時間で、もっと子供たちとゆっくり向き合えて、遊んだりできるのに。無駄な雑務が多すぎるよ。。。

LEGOで色覚え

我が子は、色を覚えるのが難しく、未だにあやふやなので、最近LEGOブロックを使って楽しく色を教えているところです

私は、自分が子どもの頃、色をこんな風にわけてブロックで遊んだことがなかったのですが、色の認識が難しい我がやの3歳さんにはピッタリの知育あそびです。

そして、色別にブロックを並べてみると綺麗にみえますねー

電車も走らせてー

という我が子のリクエストに答えて、最終的には、

LEGOブロック、本当に知育玩具としても純粋に楽しむおもちゃとしても素晴らしいー♬

LEGOのおかげで、最近ようやく、赤、青、黄色の認識はできる?ようになった感じです。

楽しく遊べて、勉強できるのって素晴らしいですね。

遊びから学びへ♪

幼稚園がはじまり

幼稚園がようやく午前保育としてはじまりました。

今まで1時間ほどしかなかったので、昨日はじめて2時間幼稚園で生活した第3子は、すごくつかれていました。楽しかったようですが、泣いている子もいて少し不安だったみたい。

今日は、人生で久しぶりの午前中1人で過ごす日になりました。でも、頭にあるのは、常に子どもが帰宅してからのこと。ひと息つかず、ついつい夜ご飯やら家事をして、もうこんな時間に。

勉強の補助に、家事に、あれもこれもやるとなると本当に忙しい。

でも、こうして午前中に家事を終わらせていたら、夕方バタバタせずに、早く寝かしつけれて、夜はゆっくり第一子の勉強につきあってあげれるし、こころのゆとりももてれるので、頑張ろう。

午後からは、ゆっくり第一子と遊んであげよう♬

塾なし中学受験

塾なし中学受験をすることに決めた我が子、毎日頑張って受験勉強に取り組んでます。

ここまで紆余曲折色々ありましたが、本人のやる気スイッチがここにきてようやくONに。

我が家は、それでも夜早く寝るという基本的な日常の約束は守ることで勉強に取り組んでます。

小学生何時に寝るのが正解なのかわかりませんが、やはり睡眠不足は翌日を1日無駄にしてしまうので、遅くとも21時半には寝てほしいところですね。

毎日8時には就寝していた第一子。

勉強したら、疲れるのか最近はたいして運動もしていないのに、布団に入ったらすぐ眠ってます。

中学受験に最初は、夫婦ともにあまり賛成ではなかったのですが、独学(通信教育はしてます)で、中学受験に取り組むのは、賛成です。

12年間生きてきて、生まれてはじめて自分を追いこんで勉強に自ら取り組む姿に成長を感じる毎日です。

最終的な目標は、合格ですが、

塾に入って受験に取り組んでいたライバルに勝てるかといわれれば、?なので、私達夫婦は、不合格でも、それまでの頑張る過程がきっと今後の高校受験、大学受験につながるはずだと思ってます。

そんな我が子を私は、過去問研究して、子の苦手分野をつぶすべく適切なテキストを選ぶことで陰ながら応援します。

がんばれー

自宅でなつまつり

コロナ禍の影響で、今年は毎年恒例の実家への帰省も、夏祭りも全てなくなってしまったので、数日前から自宅で縁日をすることを計画してました。

手作り感があふれるお祭りポスター

第二子をなつまつり実行委員に任命し、1週間準備しました。

リビングで、焼きそば、かきごおり、ドリンク販売🥤

子供達に、事前に1枚ずつ券を配布
午前中に、私が準備。入れ物は、使わなくなったポリケース
くじ引きの景品は、家にあったものと縁日専門の店で事前に購入
わなげは、投げる位置をマスキングテープで床にはり、輪の中に商品が入ればget
雰囲気をだすためかきごおり用のカップは、ダイソーで事前に準備

子供達のリクエストでFOODメニューは、やきそば、フランクフルト、かきごおり、ポテトに。

遊びは、自宅でも実際の縁日のように楽しめるヨーヨー、わなげ、くじ引きにしました。

幼児さんだけだと景品も手作りのものでよいかもですが、我が家は、小学生の高学年がいるので、やはり需要のありそうな景品が必要でした。

景品の中で人気だったのは、なつまつりでよく見かける光るオモチャ!!

今年我が家は、コロナ禍+受験生がいるということで、夏らしいことが何もできなかったのですが、自宅縁日子供達は、ずいぶん楽しめたようです😊✨

事前準備に、お金も時間も手間もかかりましたが、自粛中のよい思い出になりました。

夜になって日がおちてからは、電気を消してランタンをつけて、夏祭り気分を味わいながら、焼きそば、かきごおりを食べました✨

自粛、自粛でストレスが溜まって、最近子供達の顔から笑顔が消えてましたが、久々良い笑顔をみせてくれてほっとした1日でした。

都立中学受験にむけて

中学受験を結局どうするか迷っていた第一子ですが、

先日ようやく、決心を固めたようで、自ら、中学受験をやります、頑張りますと発言してきました。

その日から、母、父は、夜、作文の添削に中学受験過去問をみて、使えそうなものがないか調べたり、一息つく間も無く忙しい日々を送ってます。

そもそも、都立中高一貫校を塾なしで受験するのが無謀な挑戦ですが、本人の意思が固く、自宅で対策したいとのこと。

算数は、場合の数、空間図形対策を中心に。

理科は、実験問題を中心にひたすら過去問をときまくるしかないかなと思ってます。

国語は、自分の意見を述べる記述部分の対策をするべく色々な情報をただ今、収集中です。自分の引き出しが少なく今の段階では、薄っぺらい意見しかないので、あと半年で思考力鍛えないと。

他人の芝は青い

外からみられている自分と、うちに秘めている自分って、みんな違う。

幸せそうにみえる誰かも、

不幸そうにみえている誰かも、

それぞれ悩みや苦労、うちに秘めた希望、夢、想い、信念をもって、日々生きている。

どんなに辛くても、ニコニコ笑って過ごすことが得意な子。みんなには、笑顔が素敵で、そういう子になりたいと思われていても、実は、心の中は、闇一色で、笑うことで、自分自身をなんとか保っているのかもしれない。

子育てをしていると、本当に何が大事かどうしたらいいか、わからない壁にぶち当たることがよくある。

今、我が子は、プチ反抗期に入り、親としてどう対応すればよいかわからなくなってます。

今思えば、引き金は、転勤族でこれからも引越しを伴う可能性が高いよという話をしたことでした。

我が家は、12年で5回引越しをしました。そこには、海外への引越しも含まれていますが、子供達は、もう引越しはできることなら、したくないと。

地に足をつけて生活ができないこのLIFF STYLEでは、将来の道も決めれないと話してました。

我が家は、年の差で末っ子は、まだまだ父が必要だし、上は上でそろそろ地に足をつけて頑張りたい。。。

親として、悩ましい。

地元にいる友人には、色々な場所にすめて羨ましい、海外駐在なんて、すごく貴重な体験、、、

といわれるけれど、

ほんとに、落ち着かない生活です。

地に足をつけて、田舎の自然豊かな場所でのびのび子育てしたかった。

誰しも、人知れず何か悩みを抱えながら毎日必死に生きてる。

コロナ禍で通常の生活ができない今、なんだかんだ色々と考えてしまいます。

夏といえば

私の大好きな白桃の季節

白鳳という品種の白桃です。

白桃って、皮も手でスルスルってむけて、包丁いらず(^^)

こどもたち用に、写真の桃は、きりわけましたが、きりわけたらすぐ渋がまわるので、今年は贅沢に手で皮をむいたら、ガブリと丸かじりしてしまいました♬

年に一度この時期だけの自分へのご褒美です。

桃農家さん、ありがとうー

夏といえば

先日、長野在住の弟が立派なスイカを送ってくれました。

長野県松本市産3lスイカ

スイカ大好きな第3子は、見たこともない大きなスイカに大はしゃぎでした。

立派すぎて、一気に食べれないので、4分の1を種を出しながら食べるのが苦手な夫のためにコールドプレスジュースにしました。

1/4のスイカから1200mlのジュースができました。

スイカとっても美味しかったよー

弟よ、ありがとうー

ちなみに、ジュースも一気に飲みきることができなかったので、半分はジップロックにいれて、冷凍庫へ。

翌日に、スイカ氷として、子供達のおやつに。こちらも好評でした。

迷い道

東京都のコロナ感染者数が200人以上となり、心配な状況が続いています。。。

GO TO キャンペーンとか、もはや今この状況で必要なのかどうかですよね。

もちろん、

観光業界のダメージって計り知れなくて、その業界で働いている方々やその家族の皆さんにとっては死活問題ですよね。

でも、一方で、東京の感染者がこんなに増えていて、実際、感染していても無症状の方でPCR検査を受けていない方の数は含まれていないわけで。。。

このままだと本当に東京から地方に拡散してしまうのではないかと心底不安です。

GO TO キャンペーンではなく違う形で観光業を助ける方法ってないのでしょうか。

国は、道に迷っていますね。。。

と、日本が迷い道に入っている中、実は、我が家の家庭教育もただいま迷走中です。

コロナ禍になってからというもの自分で目標を決めて課題を遂行していた第1子。

外出自粛の期間が長期化して、この1か月間すごくストレスがあったようで、

1週間ほど前から学校の宿題以外の課題をせず、ひたすら大好きな読書に没頭しています。

将来こうなりたい像があるのに、

ストレスで課題に取り組む気力がなくなったと宣言してきた第1子に、私もなんて声をかけていいのかわからなくなってきました。

頑張れと応援してきた私ですが、頑張れという言葉が実は子供を追い詰めていたのではないか、本当になりたい自分の理想は胸に秘めて、親にとって都合の良い理想像をめざしていたのではないか・・・

色々と考えてしまいます。

いったい第1子はどうしたいのでしょう。子供は親のアクセサリーではなく、子供自身の人生があるので正直勉強をするもしないも個人の自由と思っています。ただ、勉強することで自分の知らない世界をみてほしいのです。

私は、あまり裕福な家庭ではなかったので、勉強したくても

色々と制約があり、勉強だけできるという環境ではありませんでした。

進学高に入学した直後に中卒の父に「女は大学に行く必要はない」といわれたことは今でもわすれませんし、死ぬまで忘れないでしょう。その発言で勉強するモチベーションが下がったのも事実です。悔しかったからこそ、絶対大学進学すると心に誓い勉強をしました。

そんな事情もあって、勉強できる環境がいかに恵まれているか

第1子に考えてほしいがゆえに知らず知らずのうちに押し付けていたのかもしれません。

はじめての子育ては常に親が子供より先回りして、答えを教えてしまいがちですよね。まさに私もそうだったんだなと反省しました。自分が遠回りして苦労したがゆえにその苦労をしてほしくない。でも、人生、失敗から学ぶことの方が長い目で見れば、すごく意味をもつんですよね。

というわけで、しばらくはそーっと見守ることに方針転換いたしました。

自分がめざす道、そのためにどうしたらよいか、

「自分で考えて実行できる」

ほんと理想ですね。とはいってもまだ小学生。明日になったら、また今まで通りに戻るかもしれないし、ほんとにどうなることやら。

迷い道

迷いながらも前進して、いつか夢に続く大きな一本の道をみつけれますように

がんばれ、第1子!!!