塾なし中学受験

塾なし中学受験をすることに決めた我が子、毎日頑張って受験勉強に取り組んでます。

ここまで紆余曲折色々ありましたが、本人のやる気スイッチがここにきてようやくONに。

我が家は、それでも夜早く寝るという基本的な日常の約束は守ることで勉強に取り組んでます。

小学生何時に寝るのが正解なのかわかりませんが、やはり睡眠不足は翌日を1日無駄にしてしまうので、遅くとも21時半には寝てほしいところですね。

毎日8時には就寝していた第一子。

勉強したら、疲れるのか最近はたいして運動もしていないのに、布団に入ったらすぐ眠ってます。

中学受験に最初は、夫婦ともにあまり賛成ではなかったのですが、独学(通信教育はしてます)で、中学受験に取り組むのは、賛成です。

12年間生きてきて、生まれてはじめて自分を追いこんで勉強に自ら取り組む姿に成長を感じる毎日です。

最終的な目標は、合格ですが、

塾に入って受験に取り組んでいたライバルに勝てるかといわれれば、?なので、私達夫婦は、不合格でも、それまでの頑張る過程がきっと今後の高校受験、大学受験につながるはずだと思ってます。

そんな我が子を私は、過去問研究して、子の苦手分野をつぶすべく適切なテキストを選ぶことで陰ながら応援します。

がんばれー

自宅でなつまつり

コロナ禍の影響で、今年は毎年恒例の実家への帰省も、夏祭りも全てなくなってしまったので、数日前から自宅で縁日をすることを計画してました。

手作り感があふれるお祭りポスター

第二子をなつまつり実行委員に任命し、1週間準備しました。

リビングで、焼きそば、かきごおり、ドリンク販売🥤

子供達に、事前に1枚ずつ券を配布
午前中に、私が準備。入れ物は、使わなくなったポリケース
くじ引きの景品は、家にあったものと縁日専門の店で事前に購入
わなげは、投げる位置をマスキングテープで床にはり、輪の中に商品が入ればget
雰囲気をだすためかきごおり用のカップは、ダイソーで事前に準備

子供達のリクエストでFOODメニューは、やきそば、フランクフルト、かきごおり、ポテトに。

遊びは、自宅でも実際の縁日のように楽しめるヨーヨー、わなげ、くじ引きにしました。

幼児さんだけだと景品も手作りのものでよいかもですが、我が家は、小学生の高学年がいるので、やはり需要のありそうな景品が必要でした。

景品の中で人気だったのは、なつまつりでよく見かける光るオモチャ!!

今年我が家は、コロナ禍+受験生がいるということで、夏らしいことが何もできなかったのですが、自宅縁日子供達は、ずいぶん楽しめたようです😊✨

事前準備に、お金も時間も手間もかかりましたが、自粛中のよい思い出になりました。

夜になって日がおちてからは、電気を消してランタンをつけて、夏祭り気分を味わいながら、焼きそば、かきごおりを食べました✨

自粛、自粛でストレスが溜まって、最近子供達の顔から笑顔が消えてましたが、久々良い笑顔をみせてくれてほっとした1日でした。

都立中学受験にむけて

中学受験を結局どうするか迷っていた第一子ですが、

先日ようやく、決心を固めたようで、自ら、中学受験をやります、頑張りますと発言してきました。

その日から、母、父は、夜、作文の添削に中学受験過去問をみて、使えそうなものがないか調べたり、一息つく間も無く忙しい日々を送ってます。

そもそも、都立中高一貫校を塾なしで受験するのが無謀な挑戦ですが、本人の意思が固く、自宅で対策したいとのこと。

算数は、場合の数、空間図形対策を中心に。

理科は、実験問題を中心にひたすら過去問をときまくるしかないかなと思ってます。

国語は、自分の意見を述べる記述部分の対策をするべく色々な情報をただ今、収集中です。自分の引き出しが少なく今の段階では、薄っぺらい意見しかないので、あと半年で思考力鍛えないと。